大抵のモノはAmazoneで売ってる。

基本「仕入れて売る」商売は厳しくなると思う。

というか「仕入れて売るだけ」だともうあかんよね。

そういう意味ではうちみたいな卸売業とか問屋的なサービスをしているところは考え方を変えないとキツイ。

で提案力とかいろいろあるかもしれないけど、

本当の意味で提案力を発揮すべきなのはあくまでその商品を作っているメーカーのお仕事だから、

川下の問屋にできる提案なんてたかが知れてる。

だからこそ、住設機器の販売については、ウチは基本的には『やらない』という選択をしてる。

まぁほんとにやらないわけではないですけど、

「ウチで買うとそれは高いよ、他所で買ったほうがいいですよ」

という言い方をしている。

まぁ遠回しに断っているわけです。

でも、自社で在庫して卸売することでしかできない付加価値というのもあるわけで、

そこに気がつけばAmazonさんとかって競合先ではないなぁと

そういうことを考える今日このごろですよ。